滴色

好きなことを、好きなだけ。

手帳熱

もう、11月も半ば。そろそろ「下旬」と呼ばれる頃ですよ。1年って早いですね。一年前の今頃は何をしていたのか、あまり覚えていないんですけどね、仕事も二年目になって、息の抜き方とか、楽しみ方とか、少しずつ覚えることができているような気がします。

さて、年末にいつも頭を悩ませるのが手帳問題。気に入るものがなかなか見つからない。もっとも、その「気に入るもの」というのが何を指すのかが分からないんですけどね。模索中です。

現状として手元にあるのが

 

 

です。

マンスリーにしか書き込まない自分に気がついたので、他のページっていらないな、とか、そもそも仕事メインで動いているからプライベートの予定が少ないというさみしい状況でマンスリーにも書き込むことなくないかな、とか、色々と考えた結果としてたどり着いた場所。そして最終的にはトラベラーズノートのマンスリーに、先月にあったことを書き込みながらデコレーションしていく、という楽しみ方を覚えました。どう転がるか、分からないですね。

モレスキンノートは、家計簿用と読書ノート用に。それぞれ、1日1ページのラージとポケット版なんですけど、色々と貼ったり挟んだりすることを考えたらゴムバンドで留められるモレスキンがいいな、と。今、雑記とかコラージュで使用している中でそう感じたのですが、雑記とかコラージュノートは別手帳(?)に移行の予定。これも、どう転がるか以下略。

ほぼ日記帳は、トラベラーズノートが先月イベントまとめノートへと変わったこと、仕事に対するあれこれを覚えておかねば、ということで。トラベラーズノートのサイズ感が気に入っておりまして、以前にオリジナル版で1日1ページのほぼ日を使っていたんですがどうも合わなかったことを考えるとweeksかな、と。今、給与や服務の管理がお仕事なんですけど、誰に何が発生したかとか、この時期に何をするかとか、そんなメモを書くスペースを取りながら仕事について把握したく。現状、ノートタイプの卓上カレンダーを(カッター台として活用しつつ)愛用してるんですが、まあ書く欄が足りんのです。カッター台や下敷き、スタンプ台としての役目は相変わらず担ってほしいので、このノートタイプの卓上カレンダーくんもお迎え済みなんですけどね、仕事用のコンビとして、1年間模索に付き合ってもらおうと思います。

 

で、ここで満足していればよいのですが。

父は20年ほどシステム手帳愛用者なんです。で、10年ほど使い続けたケースを最近になって買い換えたんですが、まあその前後に新ケース相談を受けた関係で父の手帳を手に取ることがあり。

システム手帳のリング感がどうも苦手なのですが、でも、ページを外して書き込めば問題ないよな、とか、そうしたら装丁上の書きにくさの問題とか無くなるよな、とか、心揺れる部分が……。

そして、思うのです。

 

プライベート用の手帳、無くない?

コラージュするなら、1枚ずつ離せるのが最高じゃない?

そろそろ日記、戻らない??

 

仕事が落ち着いていること、趣味方面も落ち着いていることから、夜に時間があることも多くなりました。プライベート用、そして日記用、コラージュ用にシステム手帳に手を……と、私の中の悪魔が囁くのです。

もっとも、カバーを買うにはお金が……DAISOに素敵な出会いがあるという噂を聞きつけたので、明日、覗いてみますけどね、とりあえずリフィルだけでも買って、お試ししてみようかな、とは思ってます。

 

文房具、万歳!