読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

滴色

好きなことを、好きなだけ。

ドラゴン

 

人生初のロシア映画がこれでよかった、と思いました。

タイトルの通り、ドラゴンと人間による恋物語Twitterで「ドラゴンを歌で呼ぶシーンがとても素敵」という感想を拝見し、借りることを決めました。

乙女を生贄に捧げていた時代、愛する人を助けるためにドラゴンを倒した英雄。その孫にミラが嫁ぐ婚礼の日、倒されたはずのドラゴンが再び現れて花嫁を連れ去ってしまう……というのが物語の始まり。後は恐らくはみなさんの想像通りかと思うのですが、とにかくミラがたくましい。ミラに惚れます。あと、触れ合いたくても触れ合うことの出来ない2人の距離感。愛するからこそ、離れなければならないという決断とか。

 

花嫁は花婿を待っている。