滴色

好きなことを、好きなだけ。

※非公式にカキモリさん宣伝。

キモリさんへの愛を語る。

東京から帰ったら、やります。インクを作っていただけた感想とか、ノートを作っていただけた感想とか、遠方ユーザーへの配慮の素晴らしさとか、万年筆試し書きの楽園についてとか。とりあえず、纏めるための準備だけはちまちまと。

 

amamori10.hatenadiary.jp

 ↑この記事内に載せさせていただいたお店です。カキモリさん。こう、Twitter上でお名前だけはよく見ているカキモリさん。気になってはいるものの、近所にお店が無いのが悲しみです。それ故に、今度東京へ行くことがあれば、と非常に楽しみにしておりました。

そんな東京遠征全体については、こちらの記事を参照ということで。

 

amamori10.hatenadiary.jp

 

そして! そして!!! 運命の日!!!!!

カラフルな姿に感動しながらタクシーを利用させていただきました。住所を伝えて連れて行っていただいたのですが、運転手さんに教えてもらった道がどうも違っていたみたいで、迷子になりながら何とか到着しました。開店前の時間だったということで、シャッターが下りていたのも迷子になった要員のひとつでしょうか。結論、私は悪くない。多分。

こちらのお店、基本的には事前に予約をすることで全16色の基本色を混ぜることによって万年筆のインクで好きな色を調合し、作っていただくことができます。どんな色を作ろうかな、とずっと考えていたのですが、持っていない色にしようということでセピアをベースに、くすんだ黄色系を。明るい色なのか暗い色なのかは微妙なラインですけれどもね、気に入る色を作っていただくことができて幸せです。

それからそれから。予約は不要でノートをカスタマイズして作っていただくこともできるのです。表紙、中の紙、リングの止め方、ノートの止め方など。遠方のお客さんのために、二回目以降は郵送での紙入れ替え対応もしてくださるという神様のようなシステムです。勿論、作っていただきました。こうして、ノートが増えていく……(笑)

一緒に写っているペン的なのは、ボールペンなのですが万年筆のインクが使える、というものでして。ドイツのメーカーがカキモリさんのためにコラボして作ったという素敵な一品。複数本、欲しくなってきますね。キャップのロゴも可愛らしい。

店内には何種類かの万年筆が置いてありまして、試し書きができるのです。

やらせていただきました。

 

エラボー。

 

最高ですね、やっぱり。早くお迎えせねば、と思いました。幸せ。

 

お店のURLは、こちら↓

たのしく書く人。カキモリ